太陽光発電パネルの洗浄、メンテナンス、O&M、ドローン赤外線点検は利八をご用命ください

お問い合わせ

長期安定稼働のためのO&M

長期の安定した太陽光発電に欠かせない管理と保守

太陽光発電パネルは17年以上の耐用年数があり、適切に使用すると更に長い間持つことが出来ます。そのためには、O&Mが欠かせません。

O&Mとは「Operation」と「Maintenance」の頭文字で、「運転管理と保守点検」を意味しています。故障があってからの対処では、物を長く使うことは難しいでしょう。しかし、良い状態を保ち、不具合を未然に防ぐことで完全な故障や損傷を回避することが出来ます。

そして、O&Mが長い安定稼動を可能にします。太陽光発電パネルの管理・保守は利八にお任せください。

改正FIT法により、メンテナンス計画と実施義務を課されます

2017年4月1日、「改正FIT法」により、低圧の太陽光発電設備の一部もメンテナンスが義務化されました。

これは正式名称を「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」という法律で、再生可能エネルギーの固定価格買取制度について定めたものです。

これにより、太陽光発電を設置した人、これからする人に手続きや義務が発生することになりました。

改正FIT法でオーナー様に発生する義務

  • 標識の掲示義務(屋根置きの場合を除く)
  • メンテナンス(O&M)の実施義務
  • フェンスの設置義務(屋根置きの場合を除く)

O&Mを行うメリット

パネルの洗浄で発電量の回復

太陽光発電パネルを定期的に洗浄することには、ただきれいにすること以上の意味があります。
まず、雨で落ちない汚れを落とすことが出来ます。
それにより、発電能力が本来の状態に回復できます。

また、落ち葉などがパネルに付着して、ホットスポットの原因となるのを防ぐことが出来ます。

雑草対策で日照を確保

雑草は春から夏にかけて、急激に成長します。そのため、やはり用地の定期的な除草が必要です。
草が日光を遮ると、その分得られたはずの発電量を損失することになります。

また、草は葉を落とすことで、ホットスポットの原因ともなります。その意味でも除草や防草は太陽光発電パネルのより長い寿命につながります。

企業情報

  • お客様インタビュー
  • 採用情報
  • お問い合わせはお気軽に0479-44-0656