太陽光発電パネルの洗浄、メンテナンス、O&M、ドローン赤外線点検は利八をご用命ください

お問い合わせ

ドローンを活用した赤外線点検

太陽光発電設備を長く保つために

太陽光パネルの設備は17年以上の耐用年数が前提とされています。
実際の使用はさらに長い期間となることが可能です。

そのためには、適切なメンテナンスを行い、故障が起こらないようにすること、そしてもしも不具合がある場合は、いち早く気付き、対応することが大切です。
全国で何千と導入された太陽光発電の設備において、今、メンテナンスが重要な課題となっています。

ドローンがホットスポットを空から発見

太陽光パネルの保守点検は、大規模であるほどコストが高くなり時間もかかることから、実施が難しいものでした。それを可能にしたのが、無人航空機、ドローンです。

ドローンは今、空撮、災害救助、配達、偵察など、ありとあらゆる分野で革新的な活躍を見せています。
当社の太陽光パネル点検では、赤外線カメラをドローンに搭載し、上空からパネルを写します。
地上にて、データを確認し、ホットスポットと呼ばれる発熱部分がないか精査します。

この高温箇所を早期に発見することで、発電量の低下時間を最小限に抑え、修理などの手配が可能となります。

What is hot spot?

ホットスポットって何?

太陽光発電パネルのよくある故障原因で、他の面よりも一箇所が異常に高温になる現象です。
製造時の不具合や、環境上の異物がパネルにくっつくことで発熱することによって起こります。

これにより線が焼き切れてしまうと、そのパネル全体の発電の品質にも影響が及ぶことがあります。そのため、発生を発見したら、即座に対応する必要があります。

許可を得た上での安全なドローン使用

ドローンを飛ばすには、場所によって様々な許可の申請が必要になります。許可を受けても航空法の規定どおりに安全を守り、遂行することが求められます。クライアント様におかれましては、飛行に関するコンプライアンスに疑問をもたれる方もいらっしゃることと存じます。

利八では無人航空機を飛行させる者と機種を東京航空局に申請し、特別な許可を受けた上でドローンを使用しております。安全を守り、決まった者が操作を行っておりますので、ご安心して太陽光パネルメンテナンスをご依頼ください。

企業情報

  • お客様インタビュー
  • 採用情報
  • お問い合わせはお気軽に0479-44-0656